ジーノ アミノシューティカル クリーム(ハリ・ツヤ効果) 人気は?口コミは?評判は?

ブランド(メーカー):ジーノ(味の素)
注目の成分&機能:アミノ酸系高機能エイジングケア成分など
期待できるエイジングケア効果:ハリ・ツヤ効果など
人気・口コミ・評判 ★★★★★

スポンサーリンク



ジーノ アミノシューティカル クリーム

ジーノ アミノシューティカル クリームは、肌ダメージを抑え、ハリツヤ続く濃密肌へと導くフェイスクリーム。アミノ酸の持てる力を集結し、肌質を問わないあらゆる肌悩みに対応する、「ジーノ」究極の特濃クリームです。

こんなお悩みのある方に

  • 加齢に伴う肌ダメージが気になるという方
  • 目元や口元の乾燥小じわが気になるという方
  • 肌にハリがなくなってきたと感じている方
  • 肌がくすみがちで暗い印象・・・という方

ジーノ アミノシューティカル クリームのポイント

肌質を問わないあらゆるエイジングのお悩みに対応

  • 乾燥小じわ
  • ハリ・ツヤ不足
  • くすみ感
  • キメの粗さ
  • 肌ダメージ

  • ジーノ アミノシューティカル クリームは、肌質を問わないあらゆるエイジングのお悩みに対応する美容クリーム。うるおいバランスを整え、保湿や肌バリアをサポートし、コラーゲンをサポートしてハリとツヤを育み、紫外線ダメージをケアして、輝きを磨き上げます。

    アミノ酸系高機能エイジングケア成分配合

    ジーノ アミノシューティカル クリームは、エイジングケア成分「ビタミンB6セリン」などを含む、23種類の美容アミノ酸を贅沢に配合。加齢や紫外線などによる肌内部に発生するダメージ物質を抑え、内側からハリや弾力を支え、輝きをもたらします。

    「紫色」のクリーム

    美容クリームの紫色はフタバガキという植物由来の「グアイアズレン」の色。ヘルスケアにも採用されている成分で、様々な肌悩みをケアする働きがあります。もしも、衣服についた場合には、洗剤等でていねいに洗ってください。

    バックレスチューブを採用

    ジーノ アミノシューティカル クリームは、空気が戻らないバックレスチューブ。空気に触れる面積が少ないため、いつまでもフレッシュに使用できます。使用後も調整しやすく、最後まで使い切りやすいチューブです。

    お肌へのやさしさ

    ジーノ アミノシューティカル クリームは無香料・パラベン不使用・アレルギーテスト済みです。

    * すべての方に刺激感やアレルギーが起きないという訳ではありません。

    肌のうるおいのもとそれは「アミノ酸」

    アミノ酸研究を100年続けている味の素(株)がたどりついた真実。肌のうるおい成分(NMF)の主成分は「アミノ酸」。あのコラーゲンもアミノ酸からできています。美肌とはアミノ酸が満ちた肌。だから「ジーノ」は、天然うるおい成分(NMF)の主成分アミノ酸を使った本格的なスキンケアに力をいれています。「ジーノ」のアミノ酸エイジングケアは、年齢肌の原因に根本からアプローチします。

    ジーノ アミノシューティカル クリームの口コミや評判は?

    ◇良いところ(メリット)◇

    • 濃厚なクリームで肌の調子が良くなってきた気がします
    • ハリ・ツヤ効果はもちろん、肌荒れにも効果があると思います
    • 肌がなめらかになってハリ・ツヤが出てきた感じがします
    • チューブ式で最後までキレイに使えるところがいいです

    ◇気になったところ(デメリット)◇

    • 紫色のクリームが服についたらと、ちょっと心配になります
    • 効果は感じるけれどやっぱりちょっとお値段が・・・

    人気度★★★★★☆

    <短評>
    ジーノ アミノシューティカル クリームの口コミは、「肌がなめらかになってハリ・ツヤが出てきた感じがする」「ハリ・ツヤ効果はもちろん、肌荒れにも効果がある」などの点の評価が高いようです。

    また、効果はもちろん、チューブ式で最後までキレイに使えるところがいいという点も評価できるという口コミもあります。

    気になる口コミとしては、効果は感じるけれどやっぱりちょっとお値段が・・・という口コミがあります。ですから、エイジングケア化粧品の効果はもちろんだけど、やっぱり値段(コスパ)も重要・・・という方は、一応注意しておいたほうがいいかもしれません。

    加齢によって減少するアミノ酸を効率よく補給する美容クリーム。エイジングにまつわる悩みを根本から解決に導いてくれるようなエイジングケア化粧品はないかな・・・そんなエイジングケア化粧品を探しているという人は一度試してみる価値があるでしょう。

     
    スポンサーリンク




     

コメント

タイトルとURLをコピーしました