パラビオ ACミルクI(モイスチュア) 人気は?口コミは?評判は?

ブランド(メーカー):パラビオ(ヤクルト ビューティエンス)
注目の成分&機能:ビタミンE誘導体・グリチルレチン酸ステアリルなど
期待できるエイジングケア効果:潤い効果など
人気・口コミ・評判 ★★★★☆☆

スポンサーリンク


パラビオ ACミルクI(モイスチュア)

パラビオ ACミルクI(モイスチュア)は、しっとりなめらかな感触で、お肌にとろけるようになじむ乳液。化粧水でうるおした肌をやさしく包み込み、みずみずしいうるおいをしっかり閉じ込めます(医薬部外品)。

こんなお悩みのある方に

  • 保湿ケアをしてもすぐに乾いてしまうという方
  • 乾いているせいかお化粧のノリが悪いという方
  • 肌にもっとハリやツヤが欲しいという方
  • 肌荒れがなかなか治らなくなってきた

◎パラビオ ACミルクI(モイスチュア)のポイント◎

「パラビオ」の重要保湿成分「ラメラ粒子」

「ラメラ粒子」とは、エイジングケアのためのヤクルトのオリジナル保湿成分。お肌の土台となる角質層の細胞間脂質とよく似た構造で、大人の女性のお肌(角質層)にスーッと浸透し、はたらきかけます。

さらに、成分内には保湿成分乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)をふくみ、お肌にうるおいを与えてみずみずしくたもちます。

「パラビオ」3つのポイント

  1. ラメラ粒子でうるおう肌へ
  2. 年齢を重ねたお肌に積極的に働きかける
  3. オリジナル保湿成分以外にもこだわり

ポイント1

ラメラ構造と構造的によく似たオリジナル保湿成分、ラメラ粒子を、ヤクルトが10年を費やして開発。その後も研究を続け、進化を遂げた保湿成分は、お肌になじみやすく、みずみずしいうるおいを与えます。

ポイント2

  • 乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)
  • HBヒアルロン酸

♦乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)♦

多数の乳酸菌株の中からヤクルトが選び抜いた乳酸菌で、ミルクを発酵させてから得られる保湿成分。お肌本来の保湿成分である天然保湿因子と似ているため、お肌によくなじみます。

♦HBヒアルロン酸♦

ヤクルトの乳酸菌発酵技術を活かし、乳酸菌からつくりだしたヒアルロン酸で、お肌(角質層)のすみずみに、スーッといきわたり、うるおいをたもつ保湿成分です。

ポイント3

  • 甘草エキス
  • セラミド
  • ツボクサエキス
  • ゲットウ葉エキス
  • 無着色
  • 微香性

「パラビオ」は、効果を体感していただけるよう、オリジナル保湿成分以外にもこだわりました。

最高峰のエイジングケアシリーズ「パラビオ」

乾燥、肌アレなどに悩む世代のために開発されたトータルエイジングケア*シリーズ「パラビオ」。全9品に保湿成分としてラメラ粒子、乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)を配合。他にHBヒアルロン酸、セラミド、ゲットウ葉エキス・ツボクサエキスなどの美肌成分(すべて保湿成分)も肌にとどけます。

* 年齢に応じたお手入れのこと。

口コミや評判は?

◇良いところ(メリット)◇

  • しっとりしているのにべたつかないので使いやすい
  • 肌が潤って化粧のノリも良くなってきました
  • 使ってから化粧くずれがなくなってきた感じです
  • 肌がしっとりして、ハリがでてきました

◇気になったところ(デメリット)◇

  • 乾燥肌の冬場の保湿にはこれだけだと少し足りない
  • お値段が高めなので継続使用は難しいかな・・・

人気度★★★★☆☆

<短評>
パラビオ ACミルクI(モイスチュア)の口コミは、「肌が潤って化粧のノリも良くなってきた」「肌がしっとりして、ハリがでてきた」などの点の評価が高いようです。

また、しっとりしているのにべたつかないので使いやすいという口コミもあります。

気になる口コミとしては、お値段が高めなので継続使用は難しい・・・という口コミがあります。ですから、エイジングケア効果はもちろん大切だけど、やっぱり値段(コスパ)も重要・・・という方は、一応注意しておいたほうがいいかもしれません。

オリジナル保湿成分のラメラ粒子を配合したパラビオシリーズの(しっとり)乳液。うるおいのあるやわらかな肌に整えてくれるようなエイジングケア化粧品はないかな・・・そんなエイジングケア化粧品を探しているという人は一度試してみる価値があるでしょう。

 
スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました