シワ・たるみ(ハリ・弾力)ケア化粧品

アヤナス アイクリーム コンセントレート(ハリ・くすみケア効果) 人気は?口コミは?評判は?

ブランド(メーカー):DECENCIA(ディセンシア)
注目の成分&機能:ヴァイタサイクルヴェール®・コンドロイチンなど
期待できるエイジングケア効果:ハリ・くすみケア効果など

スポンサーリンク


アヤナス アイクリーム コンセントレート

アヤナス クリーム コンセントレートは、目もと印象変わる、贅沢な一粒。長時間続く潤い膜で、くっきり目元へ導く濃厚アイクリーム。敏感肌特有の「影ジワ」に対応。濃密な美容成分が目元にハリと明るさをもたらします。

【特許技術】ヴァイタサイクルヴェール®採用

こんなお悩みのある方に

  • 目元の乾燥や小ジワが気になるという方
  • 目の下のクマのせいで疲れた印象・・・という方
  • 目の周りもエイジングケアが必要かな・・・という方
  • 敏感肌でも使えるアイクリームを探しているという方

◎アヤナス アイクリーム コンセントレートのポイント◎

敏感肌特有の「影ジワ」に徹底対応

敏感肌の目元は、敏感肌特有の炎症により、コラーゲンの破壊やメラニン生成が起こり、「くすみ」と「シワ」が合わさった「影ジワ」が発生。アヤナス アイクリーム コンセントレートは、老化印象の原因に全方位から対応し、誰もが魅了される、美しい目元へと導きます。

シリーズで唯一「コンドロイチン」配合

アヤナス アイクリーム コンセントレートは、皮脂腺が少なく、皮脂の量も少ない目元のために、シリーズで唯一保水力を高める成分「コンドロイチン」を配合。うるおった目元を実現します。

みずみずしい伸びと、ハリ感を実感できる特殊設計

アヤナス アイクリーム コンセントレートは、従来品の処方「ミクロウォーターカプセル」の水相の中に、さらに肌密着度の高い水溶性のポリマーを配合した「リフトアップミクロウォーターカプセル」へ進化。塗布した際にはみずみずしく伸び、塗布後は密着感のあるハリを実感できる特殊設計です。

ストレスバリアコンプレックス®

  • パルマリン
  • ジンセンX
  • ビルベリー葉エキス

 
アヤナス アイクリーム コンセントレートは、3種の成分を複合化したディセンシアオリジナル成分「ストレスバリアコンプレックス®」により、ストレスに負けない肌へと導きます。

配合美容成分

  • ヴァイタサイクルヴェール®
  • コンドロイチン
  • コウキエキス
  • CVアルギネート
  • ローズマリーエキス
  • ストレスバリアコンプレックス®
  • こころを解きほぐす香り

    • ゼラニウム
    • ラベンダー

     
    アヤナス クリーム コンセントレートは、合成香料不使用。ストレスがかかりやすい現代女性へ向けた、リラックス効果を持つ2種の天然植物エキスを厳選して配合。 ローションからクリームへお手入れを進めるにつれて、徐々に香り立ちが高まります。

    口コミや評判は?

    ◇良いところ(メリット)◇

    • 目元の小ジワがだんだん目立たなくなってきた
    • 目の下のくすみが薄くなったような気がします
    • 目元に塗っても特に刺激などはなく安心して使える
    • あまりべたつきがないから夏場でも使える
    • やさしい使い心地で敏感肌でも使えるのがうれしい

     
    ◇気になったところ(デメリット)◇

    • 敏感肌用でやさしく使える反面ハリ効果がちょっと物足りない
    • 保湿はしてくれるけどあまりハリ効果は感じられませんでした

    人気度★★★★☆☆

    <短評>
    アヤナス アイクリーム コンセントレートの口コミは、「目元の小ジワが目立たなくなってきた」「目の下のくすみが薄くなった」などの点の評価が高いようです。

    また、効果はもちろん、やさしい使い心地で敏感肌でも使えるのがうれしいという「使用感」の面からも評価できるという口コミもあります。

    気になる口コミとしては、敏感肌用でやさしく使える反面ハリ効果がちょっと物足りない・・・という口コミがありました。アヤナス アイクリーム コンセントレートは「敏感肌用」がひとつの大きな特徴となっているので、肌への優しさを重点にしているかわりに、劇的な効果は期待できないといったというところでしょうか。ですから、とにかく目元のハリやくすみの悩みを解消したいという方は、一応注意しておいたほうがいいかもしれません。

    長時間続く潤い膜で、くっきり目もとへ導く濃密アイクリーム。目元にハリと明るさをもたらしてくれるような化粧品はないかな・・・そんなエイジングケア化粧品を探しているという人は一度試してみる価値があるでしょう。

     
    スポンサーリンク